箱

初節句のお返しには正しい知識が必要になる

香典とは気持ちです

贈答品

香典返しは従来の49日を終えて発送する方法ではなく、いろいろな方法がとられています。香典返しの品は地方によって違うことが多いので実際に葬儀を行なう葬儀業者に問い合わせるのも1つの方法です。北海道では、1,000円程度の品に会葬礼状をセットにし香典返しにします。しかし、忌明けで高級な品を頂いたときには、それに見合った香典返しをすることも多くなっている。当日返しをした場合でも別でお返しが必要です。東北地方では3,000円以下の品を忌明けに返すことが多いといわれています。関東では、即返しが基本で2,000円以上5,000円未満の品を選ぶ傾向にあります。それ以外の地方では、1,000円以下の品をお渡しし、忌明けで香典に見合ったお返しをすることが一般的です。香典返しには地方によってそれぞれ大きな違いが見られますが、風習によっては同じ地方でも異なる方法をすることがあります。そもそも香典の意味は残った遺族の暮らしを支える気持ちなので、必ずしもしないといけないというわけではありません。中には香典返しを辞退する人もいるのです。しかし、何も返さないということではなく気持ちとして手紙を送ったり、感謝の言葉を表したりすることは必要なことです。家族の大黒柱が亡くなった場合は香典返しの必要がないと言われていますが、気持ちは伝え忘れないよう注意しましょう。それぞれ香典をもらった人と内容をメモすると良いでしょう。どの人が高額な品や金額だったのかわからなくなることが内容に注意することが大切になります。