箱

初節句のお返しには正しい知識が必要になる

贈り物のマナー

男の人

知り合いや友人、または仕事上で付き合いのある人が飲食店などを開店した場合、開店祝いの品を送るのが一般的でしょう。開店祝いはめでたいことでもあり、本人にとっては真剣な勝負にもなる大事なことです。そんな開店祝いを贈る際にはいくつかのマナーが存在します。このマナーを守りつつ相手が喜ぶものを贈ることが大事になってくるのです。まず、開店祝いする人との関係によって費用が変わってきます。仕事上で付き合いがある人の場合1万以上の贈り物が良いでしょう。仕事上とても重要な場合3万以上かけても良いでしょう。また、友人の場合贈り物は5千程度が良いとされています。親しい間柄にある人の場合1万以上になっても良いでしょう。そして、家族が開店祝いをする場合は、3万以上かけた方が良いです。このように開店祝いには費用の相場が決まっていて、開店祝いをする人との間柄によっては贈り物の費用が大きいと困る場合もあるのです。また、贈るものの種類にも気をつけましょう。開店祝いで火に関係した贈り物は一般的にNGとされています。ライターや灰皿、キャンドルなどの贈り物はとても非常識になるのです。また火が関係ないものだとしても、赤一色になるものもあまり良くありません。では開店祝いにはどのようなものが喜ばれるのでしょうか。代表的なものとしてはお金や商品券、または、花や観葉植物などがあります。他にもお菓子の詰め合わせや酒などの飲み物類でも喜ばれるでしょう。