レディー

初節句のお返しには正しい知識が必要になる

香典とは気持ちです

贈答品

香典や香典返しの場は準備してできるものではありません。香典返しには決まりなどもあるので事前に把握することで正しい対応をとることができ、感謝の気持ちを伝えることができます。

詳細を読む

お返しにはマナーがある

赤ちゃん

節句とは日本が大事にしている年中行事で、季節の節目にあたります。では、初節句とはなんでしょうか。赤ちゃんが生まれ初めて節句を迎える事を初節句というのです。赤ちゃんが女の子の場合は桃の節句、つまり3月3日になり、男の子の場合は端午の節句、5月5日になります。自分の子が初節句を迎える時は、健やかに育って欲しいと願いを込めてお祝いするのです。身内や友人などを招き大勢で楽しくお祝いをした方がよいでしょう。その初節句の際に、お祝い金やお祝いの品を頂く事があります。これは赤ちゃんのために使って欲しいという気持ちのもので、基本的にお返しは必要ないとされています。しかし、「内祝い」としてお返しをすることが一般的になっているのです。お返しをする際はマナーが必要になります。お返しには金額の相場が決まっていて、頂きものの3分の1程度といわれており、この金額を超え2分の1以上になってくると大変失礼になります。金額が頂きものに近いと、貴方からの頂きものは必要ないと言っていることになるのです。そのため、どの人から何を頂いたか覚える事が大事になります。では、初節句のお返しにはどういったものがあるのでしょうか。最近ではインターネットを使い内祝いのお返しをする人が増えています。それに伴い、内祝い専用のショップができています。赤ちゃんの命名が書かれたのしを作成してくれたり、ラッピングに写真入りのものを作成してくれたりできるのです。

香典返しの品は迷う

香典

香典返しはそれぞれの香典にあったものを選び、マナーにも気を付けなくてはなりません。最近ではカタログギフトを使う人が増えています。インターネットで注文、発送できるのでとても便利です。

詳細を読む

贈り物のマナー

男の人

自分に関係している人がお店を開く場合があります。そんな時はお祝いをしてあげましょう。開店祝いに贈り物をすることは一般的になっていますが、何でも良いという訳ではありません。

詳細を読む